共有持分(共有名義)の不動産トラブルで
お困りの方は共有持分サポートへ

    1. 一般のお客様の無料相談はこちらから

      0120-689-757
    2. 法人・士業の方の無料相談はこちらから

      06-6577-3000
    1. 受付時間
    2. 午前10:00~午後19:00【年中無休】
    1. 無料相談窓口

共有持分サポート

共有持分の基本規定

共有者が共有持分不動産に対して持っている持分の割合は、当事者間に別段の合意のない限り平等と推定されています(民法250条)。そして共有者は共有持分不動産に対する自分の持分割合に応じた使用ができ(民法249条)、また共有持分不動産の保存行為は共有者各自が単独で行うことができます。(民法252条)しかし、保存行為以外の管理行為は、各共有者の持分の価格に従って共有者の過半数で決めなければなりません。(民法252条)。さらに、共有持分不動産に変更を加える行為は、共有者全体の同意が必要となります。(民法251条)

共有持分不動産の利用

    1. 保存行為

    2. 共有持分不動産の現状を維持する行為
      (各共有者が単独で可能です)

      例:共有物の修理や修繕

    1. 管理行為

    2. 共有持分不動産の利用・改良行為
      (持分価格の過半数で決定できます)

      例:共有物の賃貸借契約の締結・解除・取消

    1. 変更行為

    2. 共有持分不動産の性質もしくは形状
      またはその両者を変更すること

      (全員の同意が必要となります)

      例:共有物の売買契約やその解除、取消。
      共有物の増築・改築

共有者全員の仲が良好なときは、保存・管理・変更行為を行うのに何ら問題はありませんが、共有者と仲が悪くなったときにトラブルとなることが共有名義不動産の特徴と言えるかもしれません。

共有持分サポートでできること

共有持分不動産が持つデメリットとリスクを熟知した当社が全面サポート致します。

共有持分不動産にするメリットは税制上の恩恵のみで、これには共有者同士の仕事状況や環境、夫婦仲などが良好な場合でのメリットになります。しかし、一生変わらない状況、環境などは有り得ないため、少しの状況変化で大きなリスクとデメリットが発生することも共有持分不動産の特徴です。共有者からの相続問題や離婚による売却問題、贈与税の対象、その他費用面の問題など、互いに共有している持ち分を管理、運営、支払いなどがなされている場合は問題ありませんが、一度問題が発生すると収束に大変な時間や労力を伴う可能性があります。

  • 住んでいない家の共有持分を売却したい

    住んでいない家の
    共有持分を売却したい

  • 離婚により共有持分を精算、売却しないといけない

    離婚により共有持分を精算、
    売却しないといけない

  • 相続問題に巻き込まれないように共有持分を手放したい

    相続問題に巻き込まれないように
    共有持分を手放したい

  • 裁判中(係争中)の物件を買い取ってほしい

    裁判中(係争中)の物件を
    買い取ってほしい

などいくつもの共有持分不動産での実例がございます。

これらの特徴は「揉めてから」と言うケースが多く、事前に共有持分について考える事が非常に重要です。

上記以外の事例については、事例紹介ページでもご確認いただけます。

共有持分不動産の問題でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

  • お電話での無料相談はこちら

    1. 一般のお客様

    2. 0120-689-757
    3. 法人・士業の方

    4. 06-6577-3000
    1. 受付時間

    2. 午前10:00~午後19:00【年中無休】

共有持分問題解決で共有持分サポートが選ばれる7つの理由

問題解決のための3つの要素が揃っている

    1. 問題認識力

      共有持分問題の複雑な悩みを抱えていると、問題の本質がいつも見えている、意識されているものばかりではありません。潜在的な問題を、いかに認識するかという考えを持つことは、問題解決にとって重要な要素となります。当社はお客様と共に問題の本質を探り、共有いたします。

    1. 原因調査と分析力

      この調査・分析をしっかり行えるかによって、解決への道のりは変わっていきます。また、多くの問題は調査 ・分析をすることで自動的な解決につながります。調査は「現状調査」「原因調査」「問題分析」の3種類に分けられます。これは調査対象範囲の区分であると同時に進める順序上の区分にもなります。

    1. 解決策の立案力

      解決策とは「問題のない状態」=「望ましい状態」への到達するための方法です。すでに発生している問題では、問題発生前の状態へ復帰するために、またこれから発生が予測される問題を防ぐための解決策を立案いたします。

きめ細やかな配慮と徹底したプライバシー保護

不動産会社の中には、共有持分不動産に関するサービスを行っていない会社も多く存在します。そんな中、当社は創業当時から共有持分問題に取り組み、多くのお客様を解決に導いてきた実績とノウハウを築いてきました。不動産会社だからこそ出来る気遣いや配慮、ご提案が当社の強みでもあります。お客様一人ひとりに合ったご提案を行い、物件の調査後はどなたでも分かるようにご説明した後、ご納得頂ける買取金額をご提示致します。また、進捗状況のご報告や情報漏えい等に対する細かな配慮を徹底して行っております。

ワンストップサービスでご提案可能

当社では不動産鑑定士、司法書士、弁護士、税理士などの専門分野のスタッフが共同で問題解決のために取り組むことで、素早い対応が可能となっております。また、他社と提携することで全国区、多様多種な幅広い不動産物件の買取りサービスが可能な仕組みとなっております。

スピード解決重視の取り組み

共有持分のトラブル、離婚問題、相続関連問題は非常に辛く苦しいものです。お客様の抱える深刻なお悩みから少しでも早く解放頂けるようスピード解決を重視しております。査定金額にご納得して頂いた上、3日以内に現金化可能です。

お客様の笑顔のためのご提案(売り手側の立場に寄添う)

豊富な経験と実益をもとに、お客様に一番価値のあるご提案をさせて頂いております。また当社は売り手側の立場を十分理解した上で調査結果を分かりやすくお伝えし、他社より高額な売却金額のご提案をさせて頂いております。

投資家売却

当社の強みの一つとして購入希望者である全国各地におられる投資家様との連携協力が挙げられます。そのため売却の困難な不動産の共有持分のみの買取りで他社には出来ない高価買取りを可能と致します。

全国エリアをカバー

当社は本社を置く大阪だけではなく、日本全国のお客様にご利用いただいております。これまでも遠方にお住まいのお客様の問題解決を数多く対応させていただいた実績がございますので、どなたでもお気軽にご相談下さい。

実績

    1. 年間ご相談数約217
    1. お客様満足度96%
  • お電話での無料相談はこちら

    1. 一般のお客様

    2. 0120-689-757
    3. 法人・士業の方

    4. 06-6577-3000
    1. 受付時間

    2. 午前10:00~午後19:00【年中無休】